ガイドブックの評だ。名称は「色とりどり」

これはぼくが小学生6年生のところ担任の教官から読み聞かせてもらった力作実写化や劇場アニメ化もされています。著者は森画図都氏という有名な文献うちだ。談話としては死んだキャラが集まる輪廻の世界で福引きに当たったとあるスピリットはエンジェルのガイドプラプラに導かれ服毒自殺した小林完全という性格になって鍛錬をやるというあらすじだ。まばらネタバレも含まれていますがこれを了承のひとつ読んでいただけると幸いです。

やっぱ鍛錬先のダークさとよろしい精神的に小林誠が何故自殺したのかはおおまかに序章で述べられますが一体全体ぼくがあそこのファミリーだったら自殺していないにせよ出て行ってたのかなと思います。肉体的と言うよりは心から精神的にだ。思春期の男児にとってはしんどいだろうなと。のち面白かったのはフラッの一変風だ。よもや輪廻の世界であそこまで周到だったのが下界に降りてからのふてぶてしい動向と言うか、のち花札贔屓というパーツも面白い趣味をやるなとフラッに関しても見どころだ。小学6年生のところ読んだよりは何だかんだ理解できるようになって本心こういうジェネレーションで読んでもよかったのかなと見まがうほどだ。しかしそのファミリーの迷宮もラストに当たり解かれていくのでそれが一番のメリットだ。スピリット小林誠の高みの遷移も談話が結び付くうちにわかります!まったくおすすめのゼロ冊だhttp://nyota.co/musee-vio/